メンタルケア学術学会(R)学会第2回大会無事終了!!

去る、5月20日(日)メンタルケア心理士(R)及び、メンタルケア心理専門士(R)有資格者が集う、日頃、カウンセリング技能の実践研究・事例発表を行う「メンタルケア学術学会第2回大会」が無事終了し、各参加者にとって各分野でのメンタルケアの実践や研究成果の意義ある発表で非常に今後の活動に役立つ有意義な学会大会となりました。

ご来賓にメンタルケアから実践を行う、産婦人科医であり医学博士でもある、井上さよこ先生やメンタルケア心理士(R)及びメンタルケア心理専門士(R)の認定団体である文部科学省所管財団法人 生涯学習開発財団の熊丸梨奈先生をお迎えし、今後のMEDINのメンタルケア資格の奨励や今後の学会での活躍を各会員への激励をいただき、更なる学会での活動が大きなバックボーンに支えられ、各会員の社会的地位の向上とその貢献性の高さを実感したと思います。

さらに、メンタルケア学術学会(R)の倫理綱領の告示発表され社会正当主義に則った活動を行う宣言として綱領としました。

今後の学会内の研究会発足で更に深く、専門性の高い研究体制を整える環境整備を整う事業発表され、これから非常に質の高い学会になることを確信。

次に会員の研究発表として、以下のように箇条書きです報告です。

1.「援助職者をバーンアウトに陥らせないために」
                 -医療・福祉施設での実践報告-
                          埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科教員
                             メンタルケア心理士(R) 岡本 佐知子会員

2.「職場のモラル・ハラスメント」
                 -その予防と被害者へのケアを考える-
                   メンタルケア心理士(R)・中小企業診断士 斉藤 雅寛会員

3.「精神心理の追求と行き過ぎ・ラピットサイクル患者を受け持って」
                 -同業者保護者・精神科医師の娘を受け持って-
          カウンセリングルーム「休息の森」・正看護師・メンタルケア心理専門士(R)
                                    ツィンメルマン 竹上 知子会員

4.メンタルフレンド
                           メンタルケア心理専門士(R) 漆谷 彩子会員

その後、学会顧問よりの研究・事例発表として

 「科学と芸術から考える共感と理解が生まれた世界」
                 -最高の演出者になる為に-
                               メンタルケア学術学会 顧問 小松政剛

数々の研究事例結果発表に私は感嘆し、更なる学会事業の重視性を正に感じとりました。
その後、各会員たちの座談会で会員たちの絆と交流を深め、互いのメンタルケアに関する有意義な意見交換が出来たと思います。
私、別府武彦は学会理事長としても、その他、医療福祉事業の更なる、完全な大成を目標に勤しむ事を決意した次第です。e0092647_17485520.jpg
[PR]
# by gakuchou | 2007-05-22 17:38

はっきりしない開花宣言!!

ようやく、気温が落ち着き暖かい日が続き、ようやく心地よい時期が到来です。
東京では山間部から満開となり、都内では五分咲きから七分咲きと週末には満開となるかと思います。
しかし、ここまで桜の開花で話題になったのは、そうそう無いでしょう。
気象庁による桜の開花予想の手違いから、寒さや温かさが地域によってばらつき、桜自体が困ったことでしょう。
このような話題は平和な象徴ともとれますが、反面、例年に無い異常事態であることを良く認識することです。
地球の温暖化により、世界の平均気温が上がり、異常気象を起こしてることによることははっきりしています。
年々、予想が出来ない気象で今年の夏も冷夏だとか猛暑だとか、いろいろと言われています。
すでに、予想がつかいない域まで達しているのです。
本当は、お花見の話題で楽しみたかったのですが、最終的に環境問題へと大きく変わってしまいました。
身近なことも、大きく地球環境やそのほかの問題につながっていることを意識しながら、過ごしてみることがこれからは大切なことかもしれません。

                         TERADA医療福祉カレッジ 学長 別府 武彦
[PR]
# by gakuchou | 2007-03-30 17:26

私自身を解放します。

私は、様々な場所で活躍されていらっしゃる方々とお会いできるチャンスが増えてきました。
特に私自身を何も包み隠さず、別府武彦という人間を知ってもらうようになってからです。
 しかし、私自身もこの仕事をさせて頂いている以上、好き勝手なことは出来ないという逆な立場にもなりました。
 すでに隠すことが何も無い、私自身の精神的開放と変わりに全てを見られてしまうこと、いろんな人たちが、私自身を良し悪しに見ている。
 それによって、常識や人間性を全てみられてしまうことです。
今の私自身の社会貢献性の高い仕事は、自分自身のリスクを背負って、相手のリスク面に向かっていく仕事がようやく確立できるようにと準備段階にも入っている。
 まずは、別府武彦という人間を知ってもらうことにより、私自身の仕事への信頼性が高まることは確信している。
 とにかく、私は解放させていただき皆さんに全てをしってもらうことで信頼を得たいと考えます。

                      TERADA医療福祉カレッジ  学長 別府 武彦
[PR]
# by gakuchou | 2007-02-22 17:01

カウンセリングされたいカウンセラー

先日、ボランティア活動で、ある老人保健施設でのレクリエーションの一環で、「ピア・カウンセリング」をしてきました。
このカウンセリングはピアの意味として「仲間や同僚、同等者」などを指し同じような境遇や環境に居る人たち同士で日常の悩みや相談事をお互いがカウンセラーとなって、お互いの言いにくいことや打ち明けたいことなどを行います。
私のの役割は傍観者として、道筋をそれないように見守る立場となります。

タイトルのようにカウンセリングに疲れた訳では無く、カウンセラーも人の子で絶対者では無いことであることを改めて思いさらされた気分で書きました。

やはり、孤独や健康、相談相手など身近な事が悩みというか、精神的に弱くなっているとのことが今回のカウンセリングの結果でした。
また、精神的に弱いが死に対する恐怖もあるがおのおの死に対する考えをしっかり持っていることが驚きであり、納得させられることが多く意見として出て、死に対する気持ちをどう持つかで逆に不安から間逆の発送の転換が出来たことも、カウンセリングによって得たもう一つ結果でした。

私はある程度結果の予測はついていましたが、何度、ピア・カウンセリングを行っても教わることが多く、勉強になることが実感出来て自分自身の考え方の格が上がって行くような気がします。

e0092647_114757100.jpg
[PR]
# by gakuchou | 2007-02-02 11:18

医療事務のIT化の影

 現在、医療機関では様々な部門でのIT化が進んできますが、現実には医療器具や検査機器等は最先端技術として進んでいる。
 しかし、病院管理部門では「電子カルテ」導入が目標となるが、現実、電子カルテ導入医療機関の半分以上は、紙カルテと併用している実態。
 初診・再診→検査→治療→会計→保険請求と簡単に流れを書いたが、この流れを完全一元化することにより業務の標準化と省力、効率化を図るためには、相当な今後の工夫が必要であることが社団法人日本病院会での調べでわかった。
 今後の医療事務従事者のスキルが問われる時期に来ている。

                             TERADA医療福祉カレッジ  別府 武彦
[PR]
# by gakuchou | 2007-01-24 17:01

メンタルケア心理士(R)・メンタルケア心理専門士(R)が生涯学習開発財団認定資格へ

内閣府認証団体 医療福祉情報実務能力協会が実施してきた「メンタルケア心理士(R)」と「メンタルケア心理専門士(R)」が文部科学省所管財団法人 生涯学習開発財団の後援を受け、財団認定資格化となった。
非常に喜ばしく、資格のグレードが非常にアップしたと言える。
数多い心理系カウンセラー資格で公的団体の後援を受け、非営利団体の法人格を持つ団体とのW認定は初の資格と言える。
心理系資格は、賛否両論で非常に難しい分野であり、現在では医療や福祉にウエイトを置いた知識・技能が必要とされるため、大学・大学院レベルの能力が無いとカウンセリングは不可能だとも言える。
確かに高い知識・技能は必要だと思うが、大学院まで行かなければ受験が出来ないのも、考えようによってはおかしいとも言える。
大学院に行かずとも、大学院生レベルまでの能力を備えた人は大勢居るはずだ。しかし、大学院まで行かないと駄目だというのは門戸が狭すぎる。
そこで、上記、協会の「メンタルケア心理士(R)」「メンタルケア心理専門士(R)」は試験で受験可能レベルまで試験で判断。また、受験可能レベルまで知識・技能を身につけるには大学院でなくとも専門に教える教育機関で専門性や倫理などをしっかり修了した者に与える制度など、斬新かつ、専門職に就かない人にも心理の専門知識・技能を学べる。
その考え方や今後の世の中で最も有効なスタイルとも考えられる。
その考えに、財団法人 生涯学習開発財団が後援し認定するということは、学歴偏重の一方、実務歴や壁を取り払った学習歴・能力歴に対して一定の評価を与えることは、今後の教育の中で新しい考え方の第一歩を踏み出したとも言える。

                                      TERADA医療福祉カレッジ
                                            学長 別府 武彦
[PR]
# by gakuchou | 2006-11-08 18:35

メンタルケア心理士について

 メンタルケア心理士とは平成16年12月に発足した特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会により資格認定がされている。

 平成18年3月26日に実施された受験で第4回を向かえ受験者数2,000名を越える臨床心理学有知識のレベルを証明する資格である。

 平成18年2月17日に特許庁より「心理カウンセリングに関する知識の教授,心理カウンセリングに関する資格検定試験の実施,心理カウンセリングに関する資格の認定(その他省略)」の役務規定(商標権限範囲)とともに「商標」として医療福祉情報実務能力協会に商標が登録された。

 平成18年9月より医療福祉情報実務能力協会附属教育機関として「TERADA医療福祉カレッジ」が開校し、「誰でも学ぶ機会を持てる教育」を全国に広めている。

 現在、同名称の教育を提供している者がいるが、医療福祉情報実務能力協会に商標権をもつ「メンタルケア心理士」とは全く異なるものであることを明記し、メンタルケア心理士の商標権は医療福祉情報実務能力協会に帰属するものであることを主張する。

 本件に関して現在、実態調査を進めており、事実がわかり次第、公表します。

 最後に、これから「メンタルケア心理士」を目指す方々へ申し上げたい。
医療福祉情報実務能力協会主催「メンタルケア心理士」を目指す際は、主催検定協会、講座
の情報収集をよく行った後に、進路を決定していただきたい。


メンタルケア心理士養成教育機関はこちらの<附属校・賛助会員校>だけである。
メンタルケア心理士養成校一覧
[PR]
# by gakuchou | 2006-03-29 20:24

荒川静香選手、日本フィギア初の金メダルに乾杯!

 日本で初めて日本フィギア界で、また、トリノオリンピックでも日本初のメダルで金メダル!まずは、日本人として嬉しく誇りに思います。

 フィギアスケートと言えば、華やかな華麗な世界を演出してくれるスポーツ。

 今回もフィギアスケート選手の方々は、その世界を私たちに見せてくれるために相当な苦労をし、ここまで頑張って成果を出されたと思います。

 そして、その苦労の結果、荒川選手に金メダルをもたらし、更に私たちに感動を与えてくれたのです。本当にすばらしい、そして勇気を与えてくれたかと皆さん感じ取っているでしょう。

 やはり、どんなことでも一つのことをやり遂げるには相当な苦労が背景にあることを忘れないでほしいと思います。

 そして、私たちにその苦労の一つも見せず、華麗な世界を魅せて感動を与えるすばらしいスポーツは、私たち医療や福祉、心理の世界にも共通することが多いと思います。

 私たちのお仕事も安心や癒しを感じていただくことが一番の目的です。そして、患者さんや施設利用者の皆さんなどの苦痛を、少しでも私たちが和らげて、差し上げなければならないのです。

 それには、純粋に考えることも必要ですが、演技(魅せる)も必要です。

 それは、患者さんや施設利用者の方々へのマナーや応対なのです。また、専門知識や技能を利用して、人間として感動を与え、心の安らぎを感じていただくことを忘れてはいけません。

 このようなことを考えると、今回のフィギアスケートに似てると思いませんか?

 皆さんは、私たちの世界の金メダリストとして活躍してください。
[PR]
# by gakuchou | 2006-02-24 21:07

今日は「バレンタインデー」☆

 今日は、女性が男性に愛の告白を出来る1年のうちの唯一のチャンス!
今日は、どれだけのカップルが誕生するのでしょうか?!
 
 ニュースや各報道ではバレンタインをビジネスとしてはっきりと報道し、裏の汚い部分を大きくクローズアップし、本来のバレンタインデーの意義がしっかりと伝わっていないと今日はつくづく思い知らせれました。

 現実、バレンタインデーは製菓業者で作られたプロモーションの一つ。チョコレート業界の売上げの3分の2以上はバレンタインデーの売上げと聞いています。

 だから、バレンタインデーは製菓の業界ではビジネス上で最も忙しく、気が張る期間だと思います。しかしながら、夢をつけてのビジネスはこれから大きくなっていってほしいと私自身は思います。

 しかしながら、本来の美化されたものではなく、義理チョコ、友チョコ、など非常に会社内での強制ギフトになってしまって、無くなってしまえば良いと考えるOLが6割以上を超える。男性でも5割以上がお返しなどが大変などでバレンタインデーをNO!!といっていると大きく報道されています。
 また、バレンタインデーのあり方など反夢状態になり、夢の部分が崩れてきている。

 私は、どんな記念日でもビジネスが絡んでくるのは当然であり、それが町並みやそのほか、周りの雰囲気がわくわく心を躍らせることが出来る源になっていることをビジネスを語るのであれば知ってもらいたい。

 クリスマスでもビジネス市場があるからこそ、町並みはイルミネーションでいっぱいになりTVや広告もクリスマス一色で、私たちを楽しませてくれる。

 それでは、バレンタインデーが消えてしまったら、特に困ることはないと思うが、一方、そのビジネスに係わっている人々が行き場を失ってしまうでしょう。

 私が、ここで何が言いたいのか。全てのビジネスは社会を楽しませる、喜ばせる、豊かにさせる、夢が持てるなど人間を幸福にもたらすのが、人間が行うビジネス、仕事なのです。
 
 よく考えてみましょう。皆さんが働くことにより必ず人を潤わせる、癒される、生活に幸福感をもたらせるなど、心の良いキーワードばかり出てくると思います。

 だからこそ、イベントは人が作り上げた夢であり、バレンタインは人と人を結び、コミュニケーションを取りやすくすることや、日々お世話になっている人々気持ちを伝えることが出来る、きっかけにしたら、もっと楽しくビジネスができると思いませんか?!
[PR]
# by gakuchou | 2006-02-14 21:29

医療福祉と社会

 新年度より、医療福祉情報実務能力協会で発足される資格で「認定福祉美容介護師」「認定福祉理容介護師」「認定福祉理美容介護助士」の立ち上げ作業で、医療福祉側のスペシャリストと理美容師のスペシャリストが手を組み、もうまもなくやってくる超少子高齢化社会での理美容師の存続とその医療福祉の知識・技能を兼ね備えた、業界でも始めての資格試験が実施される。

 その理美容業界の存続のために時代にマッチングさせた体制作りが行われている。

 このことは、全業界にも言えることで子供の数(若年層)が減り、高齢者層が急増することは、様々な教育体制や業界がの大きな見直し時期に入ってきている。

 要は、どんな分野でも医療福祉が介在するということである。当然、ビジネスでも若年層ターゲットの市場が大きく下がり、中高年層の市場が大きくなることは言うまでもないと考えられます。

 今回でも美容と医療福祉という真逆な、業態が融合されその業態が必要不可欠になる時代になるのである。

 とにかく、これから医療福祉が中心ではないが、医療福祉を含めた様々な業界が医療福祉を含めた業態になっていくことを皆さんに知って、これから必要不可欠なスペシャリストで活躍を願っています。
[PR]
# by gakuchou | 2006-02-07 17:03