<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

学校側「いじめあった」=中3男子焼身自殺-名古屋

8月24日11時33分配信 時事通信

 名古屋市守山区の歩道で21日未明に焼死した中学3年の男子生徒(14)について、生徒が通っていた同市名東区の市立中学校の教頭(53)が24日、同校で取材に応じ、この生徒に対するいじめがあったことを明らかにした。愛知県警守山署は自殺とみており、関連を調べている。
 教頭によると、昨年11月ごろ、生徒の母親から「いじめを受けているのではないか」と相談があった。学校で調査したところ、同級生ら計7人がいじめを認めた。
 同級生らは生徒がアトピー性皮膚炎を患っていたことに関し、生徒をからかっていたという。また、登下校中に道をふさいだり、バッグを引っ張ったりした。同級生らは生徒に謝罪し、いじめは止まったという。


  毎回、いじめに関するニュースを見るたびに、どれだけ私たちは愚かな生き物なんだろうと考えさせられる。
 私自身もいじめられた経験の持ち主で、セクシャリティの問題が大半。
  とにかく、人は見かけでマジョリティの観点からマイノリティへの差別心が生まれる。
 その差別は、悪であり、異常であるような心理状態となる。
  その外見(本人のコンプレックス、短所など)からスティグマの心理が働く。その心理状態から差別心が働き排除や誹謗、中傷、暴力へと発展する。
  いじめる側が結局、いじめられる側の状態の心理状態や身体への影響の知識が無知であるが故に理解できず、愚かな行為に発展してしまう。
  私がここで強く言いたいのは、無知は最大の罪と学生たちには教えています。
  知らなかったから・・・そんなことなると思わなかったから等、言い訳にならない。
  だからこそ、親や教育機関がしっかりと無知はどういうことなのか。これだけいじめがあるということは、どのような状況下でいじめの心理が起きるのか。
  結果、いじめになることはわかりきった心理メカニズムであることから、学校側が知らなかった、親が知らなかったは通用しなくなるように啓蒙、実践してゆきたい。


                           TERADA医療福祉カレッジ  学長 別府武彦
 
[PR]
by gakuchou | 2009-08-24 14:57

外科医ピンチ 過酷勤務、伸びぬ報酬…若手離れ深刻

8月18日7時56分配信 産経新聞

 産科や小児科の医師不足が叫ばれて久しいが、ここ数年、“花形”ともいえる外科医の減少が目立っている。長時間に及ぶ手術や当直など勤務状況が過酷であるにもかかわらず、報酬はそれに見合わないことなどを嫌い若い医師の外科離れが進んでいるという。こうした状況を懸念した医療関係者は、NPO法人「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」を発足させた。外科医を増やすための情報発信や待遇の改善を国に訴えていくという。(長島雅子)

 ■じわじわ減少

 厚生労働省の調査によると、平成18年までの10年で医師総数は約15%増え26万3540人。一方、外科系(外科、心血管外科、呼吸器外科、小児外科)は約8%減の2万6075人。これまで医師不足が指摘されてきた産婦人科(産科、婦人科を含む)の約6%減よりも減少幅が大きい。一方、小児科は約10%増えているものの医師不足は深刻だ。産科と小児科の「医療崩壊」の陰で外科医の減少が進行していたのだ。

 外科医の中でも29歳以下の若手医師数をみると、16年の医師数は2184人で、8年の調査に比べて1000人以上も減少している。若手の「外科離れ」が目立っている。

 外科医の大多数が加入する日本外科学会の新規会員数も昭和60年以降減少傾向にあるという。平成20年の新規会員は前年に比べ78人少ない832人だった。同学会は「このままでは近い将来、深刻な外科医不足が起こることは避けられない」と危機感を強める。

 ■6割、当直明け手術

 同学会が外科医1276人を対象に実施した18年の調査(複数回答)によると、外科医が考える志望者の減少理由として、「労働時間が長い」(71・9%)がトップ。これに「時間外勤務が多い」(71・8%)、「医療事故のリスクが高い」(68・2%)、「訴訟リスクが高い」(67・3%)、「賃金が少ない」(67・1%)が続く。

 調査を行った大阪大学の門田守人(もんでん・もりと)副学長は「医学の進歩により手術が高度化し、医師一人にかかる負担は重くなっている」と指摘する。

 同学会が18年に実施した調査(1355人回答)の結果は、過酷な勤務実態をあぶり出した。

 「当直勤務明けに手術に参加しているか」との問いには、31%が「いつもある」と回答。「しばしばある」も28%にのぼり、約6割が当直明けに手術をこなしているのが現状だ。

 門田副学長によると、病院に勤務する外科医の週平均労働時間は労働基準法が定める時間を大幅に上回る69時間。一方、診療所の医師は48時間。しかし、病院に勤務する医師の収入は診療所の医師に比べ約2分の1にとどまっている。

 また、治療結果に不満を持った患者が訴訟を起こすケースが産科に次いで2番目に多く、リスクを伴う治療を避ける萎縮(いしゅく)医療を招いているという。

 ■「崩壊前夜」

 7月10日に開かれた「行動する会」の発足式では同会監事で東北大病院の里見進院長が「今は40代の医師が支えているが、外科医療は崩壊前夜だ」と現状を説明した。国は21年度から医学部の定員数を増やしている。しかし、門田副学長は「外科医が一人前になるには10年以上かかる。その間、外科医不足を解消するためにすべきことは多い」と指摘する。

 門田副学長は解決策として、(1)勤務環境の整備(2)労働内容に見合った報酬の実現(3)医療事故が起きた場合、原因を究明する医療版事故調査委員会の早期設置-などを挙げている
[PR]
by gakuchou | 2009-08-18 12:36