カテゴリ:未分類( 52 )

病院はどのように選ばれるのか

 私たち医療機関従事者の最大に考えなければならないのは、患者にどのように選ばれるのかを把握することです。
 その場合、施設もそうですが、医師・看護師から病院管理・運営職まで、対、患者に対して選ばれる病院にふさわしい人格形成と知識と技と術を兼ね備えた、医療機関従事者になることです。
 そこで、日本病院会「病院長・幹部職員セミナー」で基調講演のあった、江戸川病院理事長の加藤正弘先生の調査結果を簡単にまとめました。

< 医療機関側や医療機関従事者が受け止めるべきこと >
 
- 病院選択のポイント -
①医療レベルが高いという評判が一番
②いつもかかっている、病院の主治医機能が大切
③500床以上の大病院ほど主治医機能が大切
④病院情報はお年よりほど近所の評判、若い人はホームページ重視
⑤生産年齢者は通院の便を重視
⑥看板や雑誌、本はほとんど無意味

 
 以上のように気をつけることは、
①医療レベルが高いことをどうやって評判を立てるか。
②病院の主治医機能が大切!医師や看護師、コ・メディカルスタッフなどすべての医療従事者が患者との人間的なコミュニケーションをしっかりととるかです。
③大病院ほど主治医機能は大切で、慶応大学附属病院でも4,500人の患者が毎日訪れるのはそのためです。
④病院情報は、近所の評判としっかりと情報が見られるホームページが必要です。
⑤働いている人は、勤務地や自宅、最寄の駅に近いなど、近いということはわりと大切なことです。
⑥看板や雑誌、本などは患者の外来動機づけにはならないようです。

 そのほかの調査も踏まえた結果、「外来で待ち時間が少ないからこの病院を選びました」というよりも、逆に待たされてもいいから良い医療を提供して、患者さんが繰り返して来るような主治医にすること。
 また、様々な医療従事者との人間関係や近い関係を築くことが一番大切であることがわかります。
 今回の調査結果では、待たされるのが嫌だという人は居なかったようです。


*日本病院会雑誌11月号「病院、入院・外来患者へのアンケート調査の結果報告」江戸川病院 加藤正弘 引用・参照
[PR]
by gakuchou | 2007-11-16 12:46

メンタルケア学術学会(R)開催のお知らせ

 来週の日曜日、メンタルケア界での大行事!!『メンタルケア学術学会(R)』が開催されます。
 詳細は以下の通りです。
 まず、メンタルケアの業界で活躍するためには、実際!活躍されている方々の学術研究や事例はしっかりと参考にして、各皆さんにも役に立てる情報や知識として蓄積すべきことです。
学会参加には、当カレッジなど教育機関の受講生であることが最低条件です。
思い立ったら吉日!1日遅れれば、半年無駄にするなど、実際に取り掛からなければ前には進みません。

-詳細データ-

日時
平成19年11月18日(日) 13:00~
会場
東京交通会館
内容
●講演 メンタルケア学術学会 理事長 別府武彦
●参加者ディスカッション「相談援助が与える心の安定」~職域を隔てないコミュニケーションを目指して~
●分科会 分科分野リーダー(メンタルケア心理専門士・薬剤師・栄養士・訪問看護員など)
●研究事例発表
[PR]
by gakuchou | 2007-11-14 18:21

ちょっとブレイク!

 ここでは、ちょとブレイクとして、私が載っている雑誌で、今年度!あと数ヶ月・・・
の占いコーナーがあります。
 私のタイプになった人の運命が掲載されています。
 見事!!私のタイプになられた方は!!!

 今月12月号のJJを見てください!

e0092647_15332141.jpg

[PR]
by gakuchou | 2007-11-14 15:36

医療病院崩壊は正に!

まずは、下記のニュースを読んでください。

<読売新聞ニュースより引用>

東京都北区の総合病院「東十条病院」が、日大の医師派遣中止を理由に新規の患者や救急搬送の受け入れの休止を表明したことについて、日大側は29日、「大学として医師派遣しないとは決めていない」と説明、両者の説明に食い違いがあることがわかった。

 一方、東十条病院はこの日、「日大側の対応も含め、経営面の総合判断で全科休診を決めた」と、経営環境の悪化を強調した。同病院が職員に対し、解雇通告を開始していることも判明。病院前には29日朝、転院先の紹介を受けるために患者らが列を作り、突然の診療休止発表の波紋は広がりを見せている。

 日大医学部庶務課の立石重美課長は29日、読売新聞の取材に対し、「26日に東十条病院から、医師が確保できず、全科休診すると聞いた。病院側の事情についての説明が一切なく、どうしてこうなったのかよく分からない。きちんと事実確認をして、対応を検討したい」と話した。

 また、東十条病院に医師を派遣していた日大板橋病院の沢充・院長によると、板橋病院の眼科医師が1人減るため、9月30日付で、東十条病院から常勤医師を1人引き揚げ、10月以降は非常勤医師を出すという形で話がまとまっていたという。「全科休診になるというのは、東十条病院で張り紙を見た医者からの話で初めて聞いた。約束違反だ」と憤慨している。

 日大では、東十条病院への派遣については、各診療科ごとに調整しているという。立石課長は「診療科ごとの調整が難航していたのかもしれないが、今後も協力関係を続ける考えだった」と話した。

 一方、東十条病院の佐藤一幸事務長は29日、読売新聞の取材に対し、「昨年から病院の経営が赤字に転じたうえ、日大から医師を引き揚げたいという話もあった。経営環境が悪化しているため、院長が経営判断として全科休診を決めた」として、日大側の対応も休診決定の一因になったと説明した。

紹介状を求め 患者30人が列
 東十条病院では29日、午前8時の開門前から、転院先の紹介状を求める約30人の患者が並んだ。

 開院当時から、整形外科と内科に通院しているという北区王子の無職女性(70)は「医師からは、『まだ大丈夫だ』と聞かされていた。まさか、全科が休診になるとは」。週3回、電動車いすで通院しているといい、「遠くの病院には通えない。しっかりした説明と対応をしてもらいたい」と不安そうに話した。

 同区東十条のパート女性(75)も「整形外科、内科などに通っているが、まさか、すべての診療科が休止になるとは思わなかった」と驚いた様子で話していた。

 病院内で患者の応対にあたっていた女性看護師は「患者からは『無責任じゃないか』と怒られているが、すみませんと謝るしかない」と疲れた表情だった。

(2007年9月29日 読売新聞)


 以上のニュースに対して、どうしてこのような問題が起こるのか、これは、正に今抱えている医療問題の典型的結果論で生じた問題です。

 ・研修医制度
 ・診療報酬制度
 ・医師、看護師不足問題
 ・医療機関経営の欠落

 など。

 これは、私たちの数少ない医療福祉コンサルタントや医療法人経営側、そして国との一体となって現在の医療崩壊に対して考え、対処していかなければ、東十条病院問題以上のことが身近に起こることは間違いありません。

 データ:東十条病院は東京都北区で一番の大規模病院であり、救急医療など地域での中核 病院
[PR]
by gakuchou | 2007-11-01 13:34

”病院医療崩壊”

 日病協の調べで、今現在の病院の経営悪化が過去最悪な状態であることがわかった。
まず、全体の赤字病院は昨年度が37.1%だったのに対して今年は43.0%に増加、500床以上の大規模病院にあたっては、60.1%と最悪な状況。
その中でも、国、公立、公的病院が顕著(90.1%赤字)に経営悪化となり、地域の中核病院となる病院が閉鎖、診療科目を減らすなど、今後の地域医療に影響が出てくることは間違いありません。
 
 また、常勤医師や看護師の減少が高率で起こっており、診療科目、病院の閉鎖に拍車をかけている。

 このままの状態では日本の医療体勢そのものが崩壊し、医療技術の低下、公的医療制度の崩壊が目の前に迫っている。

 病院経営をしっかりと立て直すことが出来るワーキンググループや高度なコンサルタント技術を保有し生かすことが出来る人材養成が必須で、一般企業レベルのコンサルタントでは通用しないのも日本の医療制度の難しさが困難の理由でもある。
[PR]
by gakuchou | 2007-10-31 12:11

こころの痛む人々の関連属性

 メンタルケアの実践や研究で、メンタルケアを必要とされる人々の属性をよく考え、啓蒙活動の一環としています。
 こころの問題は、全ての人間が抱えているのが答えとなりますが、その問題で生活上、社会上など、この世の中で生きていくのに支障がある人々の属性をよく考え、その各属性の背景も重要視して問題解決して行かなければなりません。
 一概には言えませんが、何かしら、人権侵害を社会や個人から受けている属性の人々が根幹にあると考えます。
 自分を認められない葛藤など風貌や思想、性格、性質(性など)、健常でない、年齢・・・沢山の要因で一般的に、健常でマイノリティに属さない人々、その団体、社会からの差別やその差別要因の無理解からの人権迫害など、本人も迫害されていることに気づかず、こころが蝕まれていく、また、迫害していることも気づかない人の無理解からの、意識しない差別や隔てなど。
 とにかく、深く、こころの問題で苦しむ人々の大半の要因、属性は人権を侵害されていることに行きつき、それが要因となって、精神疾患や大きな悩みとなっています。

 このことから、様々の角度から人権問題を考えなければならないと、そして人権擁護もこころを問題を扱う人間に基本に持たなければならないことを今後のテーマとなると考えています。

 今後の事例研究などで取り入れこみ、当カレッジでも教育していかなければならないと決意し、実行します。

                     2007.9.19
                         TERADA医療福祉カレッジ 学長 別府 武彦
[PR]
by gakuchou | 2007-09-19 18:41

美とは何か?

 先日、MAQUIAという雑誌から、私自身及び当校グループについて取材を受けました。
MAQUIAは、美しくなることをテーマに人生を変えるというコンセプトの雑誌で女性の広い層から指示を受けているようです。
 
 私自身、美の追求は大変重要なキーワードだと、以前から考えています。
 
 そこで、私自身の美の追求が取材対象となり、日頃の美への関心や美に対する行動など、様々な角度から取材を受け、少し照れてしまう場面もありましたが、私自身、精一杯、誠意を持ってお答えをしました。

 よくある、仕事内容から当校の事業内容、学習。
そこから、私自身の美の考え方から美とは何かを最終的にお答えしました。

 美とは「許せるこころ」e0092647_11325486.jpgと最終的に答えました。

 「許せるこころ」とは、何でも許容できる大きなこころを持つことが重要でそれから、メンタルケアの健康につながり、身体の健康、そして外面・内面の美しさへつながることと確信し、今回の雑誌取材で答えました。


※雑誌見本には上記の取材記事は掲載されておりません。
[PR]
by gakuchou | 2007-07-27 11:35

一通のお手紙

この間、受講生から一通のお手紙をいただきました。

その方は、私と同じセクシャルマイノリティで、当カレッジのメンタルケア系コースを受講し、精神的な面を強く持とうと前向きな方でした。

昨今、ようやくセクシャルマイノリティに関しても、一般の方々に理解が浸透していますが、まだやはり異質の人間として捉えられている。ノーマライゼーションは障害者や社会的弱者(心身的など)が中心となっていますが、私も含めセクシャル的な差別は大いにあり、社会的問題としても大きく取り上げ、問題解決をしてほしいものです。

話を一通の手紙へ戻しますが、やはり、ご苦労され、なかなか他人や身内にも相談できない状態で自分自身でセクシャル的な部分を今も乗り越えているようです。
しかしながら、その方は生まれて一緒に付いて来たもの、その自分の個性で自分自身でも卑下しまうことは、自分自身を否定することにもなることを自覚し、その個性は自分にとって良い部分だと思っているようです。

私自身も未だ、考え、自分自身の個性を恨んでしまうことも。しかしながら、この個性で救われた人たちも大勢居ることに私は自信を持ち、この個性は一生捨てることも、捨てられないことも理解して、私自身の一番の長所であると今は確信しています。

私たち人間は地球上で唯一、高等な知能を持ち感性を持つ動物で、様々な個性を持ち生きています。
決して、マイノリティは異常ではなく一つ個性であり、性的、心身、精神などの少し多い派閥とは違うだけで、小数派の派閥というだけです。

これから、医療福祉やメンタルを学ぶ人たちは、各マイノリティの方々と必ず接します。
また、その各マイノリティ地位と生活の質の向上、無知な差別を無くすことを念頭において学習して下さい。

私は恥ずかしくない!私へくれた一通の手紙の方も一生懸命、当カレッジで勉強して誇れる受講生です。

これからも私はマイノリティへの理解を社会へ伝えていきます。


                             TERADA医療福祉カレッジ  学長
                                            別府 武彦
[PR]
by gakuchou | 2007-07-05 15:10

東京都大気汚染裁判と時の人

東京都内の大気汚染は何十年も前から問題にされています。
そのために、気管支疾患主に喘息疾患患者が増えていることは間違いがありません。

私も洗濯物を外に干すことは出来ません。言うべくもなく、洗濯物が真っ黒になる程です。
特に、都心に近い都民の方々は実感されていると思います。

このことに対して、国は背を向け、患者側との裁判を20年も続けているのです。
しかし、数年前に東京都が医療費助成制度を設けたり、あと、東京都も含め国や自動車メーカー、高速道路会社でお互いに費用を出し合い、気管支喘息患者への医療費全額助成の和解を持ちかけ、昨今、国がそれに答えるように和解に賛同したのです。
しかしながら、厚生労働省ではなく内閣での閣議決定として安倍内閣総理大臣、東京都も石原都知事の決定なのです。

ここで、少し、この問題とは離れますが、やはり、国政、都政、県政など時の人!本当に政治を変えられる人であれば、日本はまだまだ捨てた国ではないと思いました。
宮城県の東国丸知事もその一人ですよね。

選挙!行きましょう!!本当に日本を変える人を見抜き探し、立候補してもらいましょう!!
と、この一件で私自身、もう一つの大切なものに気づきました。

また、本問題に戻りますが、この制度が始まれば、問題も新たに出るかと思います。
しかしながら、東京都内の気管支喘息で苦しまれた方がまず、救われることが一番の成果だと思います。
その後の問題はあると思いますが、多くの患者が救われることを考えればまず、良しと考えるべきではないでしょうか。

東京大気汚染問題とは? ※東京大気汚染公害裁判原告団HPより

第一次訴訟提訴から
 11年目を迎えた東京大気裁判

 東京で、大気汚染公害被害者(喘息・慢性気管支炎・肺気腫の患者)が、大気汚染をなくし、損害賠償と被害者救済を求めて裁判を起こし11年目を迎えています。原告団は第一次提訴(1996年5月99名)から第六次提訴(2006年3月40名)まで、あわせて633名になります。しかしこの間に108名の原告が亡くなりました。この東京大気汚染公害裁判の被告は、国・東京都・首都高速道路公団そしてトヨタ自動車をはじめとするディーゼル自動車メーカー(トヨタ・日産・三菱・マツダ・日産ディーゼル・いすゞ・日野)です。
メーカーの加害責任、
 そして国・東京都・道路公団の管理責任
 喘息など呼吸器障害の患者は東京に50万人とも60万人とも存在していると言われています。「公害患者」として認定されている患者数は東京都の調査でおおよそ分かりますが、未認定(未救済)患者数はなかなかつかめません。東京の場合、認定、未認定を問わず、公害被害者(喘息患者等)が自らの健康被害の加害責任を訴えたものです。東京の大気汚染は自動車排ガス、とりわけディーゼル排ガスによってもたらされたのです。トヨタをはじめとする自動車メーカーは、70年代のオイルショックのときに、ガソリン車を売り悩んだ結果、「低燃費」を売りものに、ディーゼル化を図り、町中を走る小型貨物車を含むディーゼル車を大量に製造販売し膨大な利益をあげてきました。ディーゼル排ガスが重大な健康被害をもたらすことを予見しながら……。トヨタをはじめとする自動車メーカーの加害責任(法的責任)と社会的責任がまず問われているのです。そして国・東京都・道路公団の管理責任が問われているのです。

東京高裁が被害者救済の立場から
 「抜本的、最終的な解決」を勧告
 東京首都圏の大気汚染は1980年代後半にいっきに悪化しました。自動車の排ガス、とくにディーゼル車が元凶です。汚れた空気を吸ってぜん息等の病気になる被害が広がり、深刻な問題になりました。国が公害健康被害補償法の新規認定を打ち切った1988年以降は、ぜん息等の病気になってもなんら補償のない未救済(未認定)患者が急増しました。高額な医療費負担で満足な治療も受けられず、病状は悪化の一途をたどり、入退院のくりかえしのなかで職を失い、収入の道を絶たれ、最後は生活保護に頼らざるを得ない深刻な状況に追い込まれてきました。「こんな苦しみを背負わされて、泣き寝入りはできない」と勇気をふるって10年前に裁判に訴えました。その裁判の控訴審が東京高裁で結審となり、マスコミでも大きく報道されたように、「解決勧告」が出され解決へ一歩前進しました。

私たちの全面解決要求

深刻な大気汚染被害の責任を認め、謝罪すること。
原告らに対して、全面的な損害賠償をすること。
新たな被害者救済制度を創設すること。とりわけ、東京都においてメーカーにも財源負担を求めて、全都全地域、自己負担なしの医療費救済制度を創設すること。
大気汚染の抜本的改善のために、公害防止対策を実施すること。
公害防止対策の完全な実施を検証するために、東京都・国・メーカーと原告側で構成する継続的協議機関を設置すること。


病気の苦しみと高額の医療費負担
 ぜん息等の発作を抑えるには、早期に適切な治療を受けることで、思い発作を回避することができます。しかし、実際に、成人の患者の場合はかなり苦しくなるまで、我慢してから、病院に駆け込むというケースが多くあります。仕事を休めない、医療費を抑えたいなどの理由で、結果的にさらに病状を悪化を招くという悪循環です。

医療費の負担を心配をしないで治療を受けたい
 病気を持っていても、人間らしい生活をしたい。しかし、大人は(18歳以上)医療助成の対象とされず、放置されてきました。適切な治療を受けられず、症状が悪化して働くことができなくなった患者は、生活保護などの生活を余儀なくされます。それさえも認められず苦しんでいる患者もいることを、私たちは東京都・トヨタらに訴え救済を要求してきました。
[PR]
by gakuchou | 2007-06-25 18:23

ITのカリスマ如月音流さんの出版記念サイン会ゲスト出演

去る、6月3日(日)新宿紀伊国屋書店にて、ITのカリスマ如月音流さんの出版記念サイン会に、特別ゲストとしてご招待いただきました。同時にヘアメイクのカリスマである平澤たかしさんと同時にゲストで、私を含めこの3人はある、番組でレギュラーで同時出演しており、公私ともに仲良くさせていただいてる間柄なんです。

当日は、各ファンの人たちが集まり、あっという間に整理券の無くなり大勢の人が来て頂き、大盛況でした。

私たちは仲良く((笑)3人並んで順番にサインを書いたり記念撮影したりと、フランクで堅くないイベントになりました。

各界のカリスマたちが集う、チャンスに恵まれ、私自身、医療福祉を各界とのコラボレーションやもう少しフランクに多くの人たちに理解してもらえることを期待して、今後のメディアでの活動をしていこうと、このイベントでも確信、決意しました。

これから、少しずつメディアに出て行き、医療福祉の啓蒙活動をして行きたいと考えています。
[PR]
by gakuchou | 2007-06-11 19:21