新年”2009”ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


昨年は世界全体が大きく揺れ動き、不安の1年でした。
今年は、引き続き不安を乗り越えなければならない1年となるでしょう。
医療・福祉業界に限っても、問題の山積みだらけでどこから手を付ければ良いか分からない混迷の状態です。
この状態を少しでもいち早く抜け出すには、まず、私たちが何をどうして解決すべきであるかを認識し、一つずつ、解決できる方策を思案し実行しなければなりません。
それには、スキルのある有能な人材が少しでも数多く実行すべきです。
そこで、TERADA医療福祉カレッジの今年の抱負は、社会貢献を念頭に数多くの有能な人材を輩出し、国家レベルでの医療・福祉など社会保障体制を変革できる体制を整えることです。
まずは、皆さんが興味を持ち、そして真剣に考え、学び、社会へいち早く貢献者として活躍することです。
私たち自身も、毎日、研鑽の日々を過ごし、先導者となるべくして実行してゆきます。
今年は何もかも”change”の年です。
恐がらず、変革を・・・


                       TERADA医療福祉カレッジ 学長 別府武彦

[PR]
by gakuchou | 2009-01-06 15:37
<< 増える介護離職 転勤に応じられ... 公立校教員 過去最多4995人... >>