診療報酬改定、新点数が確定

2月13日に中央社会保険医療協議会は、厚生労働省内で総会を開いて、20年度診療報酬改定の内容を了承する旨の答申をまとめ、桝添要一厚生労働大臣に提出。

大きな内容としては、勤務医支援に重点を配分が大きな点数改正となった。
緊急課題(1)での改正として、産科・婦人科への重点評価され、ハイリスク分娩管理加算が今までの倍の点数加算をはじめとして手厚い内容となっている。

緊急課題(2)診療所と病院の役割分担として、地域の中核となる病院の勤務医の軽減となる点数評価され、緊急課題(3)病院勤務医の事務負担の軽減として「医師事務作業補助体制加算」が新しく診療報酬点数化。

緊急課題(4)として、救急医療対策として救命救急入院料の大幅点数加算された。

医療問題緊急課題が大幅に反映され、緊急課題とされた問題に対しては、大幅点数プラスとなった。

これが、医療問題も解決に少しでも役立ってほしいものと考える。


                      TERADA医療福祉カレッジ  学長 別府武彦
[PR]
by gakuchou | 2008-03-06 14:36
<< 4.15ショック!と医療体制の現状 水は選んで飲みましょう! >>