はっきりしない開花宣言!!

ようやく、気温が落ち着き暖かい日が続き、ようやく心地よい時期が到来です。
東京では山間部から満開となり、都内では五分咲きから七分咲きと週末には満開となるかと思います。
しかし、ここまで桜の開花で話題になったのは、そうそう無いでしょう。
気象庁による桜の開花予想の手違いから、寒さや温かさが地域によってばらつき、桜自体が困ったことでしょう。
このような話題は平和な象徴ともとれますが、反面、例年に無い異常事態であることを良く認識することです。
地球の温暖化により、世界の平均気温が上がり、異常気象を起こしてることによることははっきりしています。
年々、予想が出来ない気象で今年の夏も冷夏だとか猛暑だとか、いろいろと言われています。
すでに、予想がつかいない域まで達しているのです。
本当は、お花見の話題で楽しみたかったのですが、最終的に環境問題へと大きく変わってしまいました。
身近なことも、大きく地球環境やそのほかの問題につながっていることを意識しながら、過ごしてみることがこれからは大切なことかもしれません。

                         TERADA医療福祉カレッジ 学長 別府 武彦
[PR]
by gakuchou | 2007-03-30 17:26
<< メンタルケア学術学会(R)学会... 私自身を解放します。 >>