荒川静香選手、日本フィギア初の金メダルに乾杯!

 日本で初めて日本フィギア界で、また、トリノオリンピックでも日本初のメダルで金メダル!まずは、日本人として嬉しく誇りに思います。

 フィギアスケートと言えば、華やかな華麗な世界を演出してくれるスポーツ。

 今回もフィギアスケート選手の方々は、その世界を私たちに見せてくれるために相当な苦労をし、ここまで頑張って成果を出されたと思います。

 そして、その苦労の結果、荒川選手に金メダルをもたらし、更に私たちに感動を与えてくれたのです。本当にすばらしい、そして勇気を与えてくれたかと皆さん感じ取っているでしょう。

 やはり、どんなことでも一つのことをやり遂げるには相当な苦労が背景にあることを忘れないでほしいと思います。

 そして、私たちにその苦労の一つも見せず、華麗な世界を魅せて感動を与えるすばらしいスポーツは、私たち医療や福祉、心理の世界にも共通することが多いと思います。

 私たちのお仕事も安心や癒しを感じていただくことが一番の目的です。そして、患者さんや施設利用者の皆さんなどの苦痛を、少しでも私たちが和らげて、差し上げなければならないのです。

 それには、純粋に考えることも必要ですが、演技(魅せる)も必要です。

 それは、患者さんや施設利用者の方々へのマナーや応対なのです。また、専門知識や技能を利用して、人間として感動を与え、心の安らぎを感じていただくことを忘れてはいけません。

 このようなことを考えると、今回のフィギアスケートに似てると思いませんか?

 皆さんは、私たちの世界の金メダリストとして活躍してください。
[PR]
by gakuchou | 2006-02-24 21:07
<< メンタルケア心理士について 今日は「バレンタインデー」☆ >>