インフルエンザ三種の神器

 最近は、例年より厳冬で気温はもちろんですが、湿度も非常に低下しています。

 また、2月に入ると厄介なピークに入ります。それはみなさんもご存知、インフルエンザです。

 今年のインフルエンザは主に2種類の株種で、感染すれば非常に重篤になりかねない菌種です。

 そのほかに、騒がれている新型インフルエンザです。

 新型は鳥インフルエンザが人間を媒介にして人間にも感染し、特に非常の毒性の強い菌種です。

 まだ、日本では発症例はありませんが、アジアではすでに人間への感染例も出ています。
 
 とにかく、どんな株種の菌種でも、感染すれば重篤症状で簡単に回復することも難しいことになり、自分はもとより他人にも迷惑をかけます。

 そこで、当校は一人もインフルエンザや風邪などを出さないように、各部署の出入り口にエタノールローション消毒剤、イソジンガーグル液の常備、常時加湿器による湿度管理を行い、外に出たら必ず、うがい、手洗い及びエタノールによる消毒、オフィス内の加湿管理を徹底して、医療の専門家集団として、必ず、発病者を出さないように心がけています。
 
 自宅でも、手洗いとうがいは必ず行います。

 それでも、感染源は様々です。

 プラス、マスクをすることも忘れないで下さい。

 感染源は飛沫感染(くしゃみやせきでウイルスが飛び散る)、接触感染(手から手へ物へ付き、また手へ)などで口や鼻からウイルスが混入するのです。

 ですから、くしゃみしている人が居ないから安心ではなく、周りはキャリアと呼ばれ発症していないインフルエンザウイルスは必ず、付いているのです。

 そこで少しでも体調が悪かったり、免疫作用が弱っていたらすぐに発症します。

 とにかく甘く見ないことが、大事に至らない予防策です。

 みなさん、これから医療福祉関連のお仕事に就くわけですから、自分自身が媒介者や病気にならないように気をつけましょう。
e0092647_20112911.jpg
e0092647_20114496.jpg
e0092647_20115952.jpg

[PR]
by gakuchou | 2006-01-30 20:12
<< 医療福祉と社会 謹賀新年 >>