教育事業者パートナー提携

 タイトルを見て、どういう意味かわからない人が大半だと思います。

 私たちTERADA医療福祉カレッジは、同じ医療・福祉・メンタルヘルスなどの教育を行っている学校と手と手をとって、お互いパートナーシップを取りましょう。ということを実践しています。

 本当であれば”ライバル校”同士で敵となりうりますが、そもそも私たち教育者や学校は、地域や社会貢献を出来る人材を育成しなければならない使命があります。

 その使命のあるものが、敵とみなし学校潰しを行うことは決してよい方向ではありません。

 実際、少子高齢化で入学人数が減り入学者の獲得争いとなっていますが、そのようなことをしていれば地域・社会貢献どころかその大切な人材を生む学校を失ってしまうのです。

 そこで、私たちは得意分野が各学校にはあります。また、優秀な人材や在校生、卒業生を抱えています。

 学校おのおのの得意分野を出し合って、教育の分業化を行うのです。ある専門分野が強い学校があれば、マナーや接遇に非常に力を入れている学校もあります。また、優秀な先生を抱えている学校など様々、千差万別です。

 だからこそ、一緒になって得意分野を増やし行くのが、TERADA医療福祉カレッジでおこなっているパートナーシップ制度です。今年はすでに4校以上の学校とパートナーシップを組んで、カリキュラムや教材、教育などに非常に役立てています。

 独りでは何も出来ませんが、幾人かあつまれば大きなパワーとなるのです。
教育だけでなく、皆さんが新しい道へ歩みだす時、それをしっかり忘れないで先輩や同僚、後輩と様々な人々とチームを組み仕事が追行できるのです。

 私自身もいろいろな人々と手をつなぎ、力を合わせて今後もこの教育事業を行ってゆきます。

 皆さんも力を貸してください。
[PR]
by gakuchou | 2005-12-13 22:00
<< 年末のご挨拶 これからの日本の医療福祉問題 >>