インフルエンザ特効薬「タミフル」

昨晩から、ニュースでインフルエンザ特効薬として「タミフル」の副作用問題が取りだたされています。副作用と言う物は非常に危険な場合が多々あります。しかしながら、副作用はどのような薬にも特効作用と副作用は対のセットになっているものです。
 残念ながら、その副作用亡くなられた方がいらっしゃることで大きな報道となりました。
ただ、その副作用があることが犠牲者の方で知り、その薬を飲まないのでは無くて、気をつけて飲む、その際の注意事項などこれから、医療機関にかかる時は肝に銘じてドクターや薬剤師に確認することが一番の解決策であると考えました。
 今年、流行が予想される新型インフルエンザは鳥インフルエンザなどからの派生し、人間にごく稀に感染した場合、その人間から人間感染力を持つウィルスに変化するもの。
 今まで人間にはその抗体が無いため、流行し始めたらあっという間に日本全国流行すると、厚生労働省が警告を発し、そのため、2,500万人分のタミフルを備蓄している。
 予想では1,000万人発症しそのうちの60万人は死亡すると言われる。60万人は中規模以上の都市人口全員が死亡する、恐ろしい状況である。
 とにかく、日ごろの手洗い、うがい、室内の加湿、外出にはマスクと厳重な予防対策が必要と考える。
[PR]
by gakuchou | 2005-11-15 11:08
<< これからの日本の医療福祉問題 メンタルケア学術学会設立! >>