当カレッジ産学連携の強化

 当カレッジでは、教育面の充実と受講生たちの活躍する場をより多く提供するために、様々な分野の機関や法人とのパートナーシップ連携を率先的に進んで行っております。

 本日は当カレッジと同じくする教育機関でパートナーシップをとり、両教育機関の良いところを協力し、最高の人材教育が出来る体制を行うトップ会談を行いました。

 当カレッジは通信教育校でパートナーシップを予定している教育機関は通学形式の教育機関。通信・通学の垣根を取り払い、学ぶ内容(カリキュラム)を受講生自身が通信・通学を選べるしくみから、講師、教員の相互派遣や教育力の研鑽事業と、今までのライバル校としてではない。

 当カレッジなどの分野の教育機関は、ただの教育ではなく、地域貢献・社会貢献が最終目標である使命が強い教育機関である。そのために相手側の教育機関も営利優先にならず、パートナーシップがとりやすいことで、更なる両教育機関と両受講生の発展が望めるとトップ会談形式で合意。

 11月からプロジェクトを進め、12月には公開、4月からは完全に新しい形の教育形態で受講が可能になるよう準備を進める。
 
 更に大手人材派遣会社とのパートナーシップや医療機関・福祉施設との連携も予定されている。
 
 本日のトップ会談での合意は医療福祉業界に新しい風と、受講生や入学予定者にポジティブな意識が身に付くことに期待をかけている。
[PR]
by gakuchou | 2005-10-19 21:49
<< 恒例の厚生労働省周り 自立支援法案が参院通過 障害者... >>