学校側「いじめあった」=中3男子焼身自殺-名古屋

8月24日11時33分配信 時事通信

 名古屋市守山区の歩道で21日未明に焼死した中学3年の男子生徒(14)について、生徒が通っていた同市名東区の市立中学校の教頭(53)が24日、同校で取材に応じ、この生徒に対するいじめがあったことを明らかにした。愛知県警守山署は自殺とみており、関連を調べている。
 教頭によると、昨年11月ごろ、生徒の母親から「いじめを受けているのではないか」と相談があった。学校で調査したところ、同級生ら計7人がいじめを認めた。
 同級生らは生徒がアトピー性皮膚炎を患っていたことに関し、生徒をからかっていたという。また、登下校中に道をふさいだり、バッグを引っ張ったりした。同級生らは生徒に謝罪し、いじめは止まったという。


  毎回、いじめに関するニュースを見るたびに、どれだけ私たちは愚かな生き物なんだろうと考えさせられる。
 私自身もいじめられた経験の持ち主で、セクシャリティの問題が大半。
  とにかく、人は見かけでマジョリティの観点からマイノリティへの差別心が生まれる。
 その差別は、悪であり、異常であるような心理状態となる。
  その外見(本人のコンプレックス、短所など)からスティグマの心理が働く。その心理状態から差別心が働き排除や誹謗、中傷、暴力へと発展する。
  いじめる側が結局、いじめられる側の状態の心理状態や身体への影響の知識が無知であるが故に理解できず、愚かな行為に発展してしまう。
  私がここで強く言いたいのは、無知は最大の罪と学生たちには教えています。
  知らなかったから・・・そんなことなると思わなかったから等、言い訳にならない。
  だからこそ、親や教育機関がしっかりと無知はどういうことなのか。これだけいじめがあるということは、どのような状況下でいじめの心理が起きるのか。
  結果、いじめになることはわかりきった心理メカニズムであることから、学校側が知らなかった、親が知らなかったは通用しなくなるように啓蒙、実践してゆきたい。


                           TERADA医療福祉カレッジ  学長 別府武彦
 
[PR]
by gakuchou | 2009-08-24 14:57
<< 平成18年度の国民医療費は33... 外科医ピンチ 過酷勤務、伸びぬ... >>